スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい建築士制度がはじまる

今年の11月28日から、新しい建築士制度が始まります。


--------------------------------------------------------------------------------

1.建築士の資質・能力の向上定期講習の義務づけ

・建築士試験の受験資格要件(学歴要件と実務経験要件)の見直し

2.高度な専門能力を持つ建築士による設計(構造設計・設備設計)

・構造設計一級建築士・設備設計一級建築士制度の創設

・一定の建築物に対する法適合チェックの義務づけ

d_01s_20081021132627.gif

3.設計・工事監理業務の適正化と消費者への情報開示

・建築士事務所を管理する管理建築士の要件を強化

・管理建築士などによる重要事項説明の義務づけ

・再委託の制限 建築士名簿の閲覧、

・顔写真入りの携帯用免許証の交付

4.団体による自律的な監督体制の確立


planetlogo.jpg
プラネット環境計画のhp


現在設計者として大きく変わるポイントをまとめてみました。

1.建築士の資質・能力の向上定期講習の義務づけ

3年ごとに定期講習が義務付けられ、一日6時間の講習と終了考査が実施されます。

2.高度な専門能力を持つ建築士による設計(構造設計・設備設計)

一定の規模、階数を超える建築物は、構造設計一級建築士/設備設計一級建築士が設計あるいは

法適合確認を行う義務があります。

3.設計・工事監理業務の適正化と消費者への情報開示

建築士事務所の管理建築士になるためには、3年間の実務経験と管理建築士講習の受講が

必要となります。

今後、建築士として3年に1回講習を受けることになります。

また、管理建築士は3年に1回講習を受けることになります。

わたしは、建築士&管理建築士なので3年間に2度の講習を受ける義務が出てきます。

その他、もろもろ新建築士制度の内容については、11月に「改正建築士法・政省令解説講習会」

を受けてきます。

建築士制度を見直せば、耐震偽装問題が改善されるという政府の見解だそうですが

行政マンなどは、講習や終了考査の対象ではないそうです。

なにか腑に落ちないかんじがします。

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。