スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計料に補助金がでる制度


家づくりの補助金というと、ゼロエネルギーハウス(ZEH)のように

住宅づくりの仕様について補助される制度がほとんどです。


東京都が取り組んでいる「木密地域不燃化10年プロジェクト」

東京都と区が連携して不燃化を強力に推進するプロジェクトでさまざまな補助金制度があります。


02-205A1774-b.jpg
新防火地域・地区計画内につくる準耐火建築物。(写真は不燃化特区ではありません)



老朽化建築物の建て替えで防災のまちづくりをめざす「不燃化特区」では

・既存建物の「解体費」に対しての補助金制度。

・「設計監理料」に対しての補助金制度。(設計監理料の補助金制度がない区もあります)

今まで設計監理料に対しての補助金制度というのは、あまり聞いたことがありません。


「木密地域不燃化10年プロジェクト」は、防災につよい街づくりのためのプロジェクトなので

不燃化住宅(準耐火建築物・耐火建築物)の設計監理に力を入れていることがわかります。


2020年の「東京オリンピック」は誰もが知っていますが

東京の「木密地域不燃化 10 年プロジェクト」はあまり知られていません。


不燃化住宅のお問い合わせを受付中です!
2世帯住宅・省エネ住宅・バリアフリー住宅・3階建て住宅をつくるならプラネット環境計画へ
毎日、家づくり無料相談を開催しています。

東京に注文住宅をつくるならプラネット環境計画へ
TEL 03-3363-5591


↓ブログランキング参加中。クリックお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。