スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冷暖房費のかからない家


階段の吹き抜け部分は、空調のダクトの役割。


nogatah.jpg

季節で使うのは1台のエアコンだけ。


夏の暑い日、3階の冷房を入れると冷たい空気は下へ。

2階の引き戸を開けておくことで各部屋に冷たい空気が入り、

さらに吹き抜けを通して1階へ。

外付けブラインドを設置しているので、夏の日射を遮ることが出来て

冷房効率が高くなります。




冬の寒い日、1階の暖房を入れると暖かい空気は上へ。

2階・3階の引き戸を開けておくことで各部屋に温かい空気が入り、

寝る頃には部屋が暖かくなっています。

補助暖房として、床暖房も取り入れています。


もっとも光熱費のかかる2月の電気代を伺ったら「7000円くらいかしら」とのことです。





2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくるならプラネット環境計画へ
毎日、家づくり無料相談を開催しています。
プラネット環境計画
東京に注文住宅をつくるならプラネット環境計画へ
TEL 03-3363-5591



↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。