スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手すりの高さはむずかしい

ここ数年、2世帯住宅や加齢のご家族のいるバリアフリーの設計が多くなっています。

とくにむずかしいのは、手すりやそのスペースのつくり方。

その中でもナカ工業のHPなどは参考になります。

tesuri.jpg
データ引用:ナカ工業


病院や介護施設なら、基準の高さに設置できますが住宅の場合、使う方はご家族。

身長や体力などを考慮する必要があります。


今までの失敗例は、ここに書かれている位置や高さを参考に設計図に記載し、現場で取り付け

引渡のとき、実際に試されてみると「使いにくい」と言われることがあります。


左つかまりがいいのか、右つかまりがいいのか。

手すりはL型が本当に使いやすいのか。etc


さらにトイレには手すり以外にペーパーホルダー、温水便座のリモコンなどが壁面に付きます。

手すりとペーパーホルダーが干渉しあう。なんてこともあります。

加齢の方が車イスでトイレを使う場合、介護のご家族のサポートできる空間も必要になります。


いろいろ試行錯誤の結果、

設計図には手すりの種類や大まかな位置を記載する(現場で補強を入れるため)

取り付け位置は、現場で実際に車イスで入っていただき、基準の高さをベースに

掴まりやすい位置を確認する。

身長や体力によって取り付け位置や寸法が異なるのがポイントです。





2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくる
プラネット環境計画
建築家と建てる東京の狭小住宅

↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。