FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

樹木の越境は誰が切る

今朝、テレビのワイドショーで樹木が道路にまで越境し、通行に支障をきたし
さらに通行人が枝で怪我をする様子が放映されていました。

樹木の所有者は切る意思はなく、道路管理者の区はお手上げ。
ならば、誰かが枝を切れば解決するのでは。

ところが民法上、勝手に樹木を切除できない。


(竹木の枝の切除及び根の切取り)
第二百三十三条  隣地の竹木の枝が境界線を越えるときは、その竹木の所有者にその枝を切除させることができる。
2  隣地の竹木の根が境界線を越えるときは、その根を切り取ることができる。


こういった樹木の越境は悪意があったわけではなく、樹木の成長によって越境しているものがほとんどです。
第3者は樹木の所有者に木の枝の切除の請求をするにとどまり、切除できるのはその所有者です。
第3者が勝手に切除することはできません。
根が越境してる場合は、切除することができます。

民法では、樹木の越境しか出ていませんが、
隣地との境界がはっきりとせず、測量後に境界確定した時点で塀や基礎などが
越境していて建築に影響を及ぼすことがあります。

miyag1.jpg


東京のような密集地の場合、早い段階で現況測量を行い隣地や隣家との関係・越境物の
有無などを把握することも設計者の役割です。



2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくる
プラネット環境計画
建築家と建てる東京の狭小住宅

↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。