スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手書きの図面

図面を整理していたら、20年以上も前に完成した「大泉の家」の図面の製本がでてきました。

当時はまだ平行定規と勾配定規を使い、トレッシングペーパーに書いていた時代。

今のように情報も少なくデータやカタログを取り寄せ、ほとんどは現場加工の納まり。

ディティールも考えながら書くので、矩計図を仕上げるのにかなりの時間を要した。

今は平行定規がPCになり、情報はネットで得られる時代。

変わらないのは建築へのこだわり。

CYMERA_20151110_192929.jpg


2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくる
プラネット環境計画
建築家と建てる東京の狭小住宅

↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。