スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

構造見学会を開く意味

完成してしまうと見えなくなってしまう構造。

見学会に来られる方の多くは、柱の大きさや梁の太さなど見ていかれます。

それも大切ですが、もっと重要な構造のコンセプトがあります。

そのコンセプトを設計者の説明で確認することができるのが、構造見学会。

普段、現場に足を踏み入れる機会のない建て主さんもご案内します。

CIMG0071.jpg

もうひとつの意味は、着工時に施工者に見学会開催を告知します。

構造を多くの人に見られることを意識してもらう意味合いがあります。

丁寧な仕事とキレイな現場。

完成すると見えなくなってしまう部分こそ大事。


2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくる
プラネット環境計画
建築家と建てる東京の狭小住宅

↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村





スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。