スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興が始まった女川町の今


石巻からクルマで30分。女川町に来ました。

現在、旧道と新たな工事のバイパスを併用しているのでカーナビは役にたちません。

CYMERA_20150912_171757.jpg

町のシンボル、女川駅前に来ました。周辺は、復興途中でまだなにもありません。人もほとんどいません。

明日のツール・ド・東北の最初のエイドステーションです。

CYMERA_20150912_173156.jpg

クルマで1kmほど山間に向かうと今日の宿、トレーラーハウスに到着。

CYMERA_20150912_184734.jpg

トレーラーハウスの駐車場から見える風景は、仮設住宅。

近くの仮設住宅に住んでいるご婦人と明日のツール・ド・東北の話をしました。

CYMERA_20150912_182438.jpg

周辺には、まったく店もなく、女川駅内にも食事の出来る場所はないので町のなかにある商店街に向かいました。

仮設店舗です。交番や銀行も仮設店舗。

女川町の現在は、駅以外の多くは仮設。

CYMERA_20150912_181848.jpg

応援ポスターで有名になった女川町の商店。お食事処、三秀へ。

ポスターのご主人がフライパンを振っていました。

ご家族で切り盛りされているようです。

CYMERA_20150912_180802.jpg

隣の人が食べていた料理がおいしそうだったので、同じものを注文しました。

半焼肉丼と半ラーメン。

明日のために炭水化物をたっぷりと取りました。

明日は午前3時に起きて、会場へ向かいます。


プラネット環境計画

建築家と建てる東京の狭小住宅

↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。