スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

設計した住宅の暖房費を知る

「旗竿地の2世帯住宅」の断熱性能と省エネ計算書をつくり

さらに暖房費がどのくらいかかるか検討し、明日の打ち合わせで説明します。

miya_qpex.jpg

建て主さんからの希望のQ値は、1.6W/m2k以下。

計算すると1.756W/m2k。

この数値に対して、年間暖房用消費量を計算します。

暖房に使う熱源器のシステム効率(COP)を調べ、温度差や暖房効率時間などを計算すると

おおまかな暖房にかかる電気料金を算出することができます。

地域、COP、電力会社などによって料金は異なってきますが、計画中の建物の暖房費がどのくらいかかるか

提案することで、安心していただけると思います。

とりあえず、エクセルで作ってみました。



プラネット環境計画

建築家と建てる東京の狭小住宅


↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。