スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピッパでいこう!

昨日の午前中、建て主さんから電話があった。

先週末の土曜日に現場に足を運び、作り付けのテーブルのことが気になったらしい。



このテーブルは、壁から片持ちでせり出すような形になっていて

よくあるテーブルの足がありません。

見た目は、カウンタートップが浮いた形状のテーブルです。

見えない部分で構造を支持しています。

こういうのって、文字だと理解しにくいです。



頂いた電話は、このテーブルについてです。

文字でも伝わりにくいことは、言葉でも伝わりにくい内容になります。



お互いテーブルについて話しているのですが

どこかピントがずれているのでなかなか的を得た会話になりません。

こういうことは日常でもよくあります。



わかったつもり、わかってくれたはず。

言ったつもり、理解してくれたはず。


今までの経験上、こういう互いのピントがずれた会話は

誤解を生じやすく、のちのちのトラブルの原因になります。




結果、現場で話す提案をしました。


いつ?

今日、お願いします。


わたしは、忙しいんだけど。

ぜひ、時間をとってください。


その日の夜に現場に建て主さん、工務店、わたしの3者集合。

テーブルの機能やデザイン、構造について説明しました。



約30分ほど、互いに自由な意見を交わし

その結果、設計図どうりに進めることで了解をいただきました。



ピッと感じたらパッと動く。

「ピッパの法則」

ビジネスの世界だけでなく設計の世界でもおなじです。


ピッと感じたら

すぐエスキスする


今日、ピッと感じたら・・・何する?





プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。