東京都災害ボランティアに登録

東京都防災ボランティアの被災建築物応急危険度判定員の講習を

受けて登録してきました。

都庁の大会議室に500人の建築士が講習を受けました。

s2012_09_25_18_47_22.jpg
応急危険度判定員というのは、大地震により被災した建築物について建築士がその安全性を

判定し、余震などによる2次災害の防止を目的とした防災ボランティアです。

s2012_09_25_14_52_37.jpg

建築物の被災状況に応じて建築物の危険度を判定します。

s2012_09_25_18_49_00.jpg

講習会終了後、「東京都防災ボランティア」登録されました。




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

絵に描いた餅のはなし

最近は、オープンオフィスへの問い合わせが増えてきています。

消費税UPや首都直下地震の話題が多いからでしょうか。


先日、リフォームの相談の電話があり近くなので拝見がてら伺いました。

敷地の面積はおそらく10坪くらい。

道路に面して、木造2階建ての住宅が目一杯に建っています。


奥様の希望は、現状でできる範囲のリフォーム+耐震補強をするには

どのような手順、費用はどのくらいetc

既存住宅を快適に過ごせる提案を希望されています。


ご主人の希望は、現在の住宅にさらに増築して3階建てに

することが希望。

さらに耐震性も高めたいetc


奥様の希望に対しての答えは

・木造2階建て住宅の大規模な模様替えは、確認申請の必要がないこと。

・耐震診断、耐震補強で評点1.0が可能なリフォーム案ができること。

・新宿区の耐震化事業の補助金対象地域であること。


ご主人の希望に対しての答えは

・現況木造2階建ての住宅を3階建てにするのは「増築」であること。

・構造計算を行い確認申請が必要であること。

・狭あい道路なのでセットバックが必要であること。


いろいろお話しを伺っていると

近所に木造2階建て住宅をシートで建物を囲って工事を行い、

完成するとなんと!木造3階建てが完成!!

狭あい道路のセットバックも行わない。

「そんなやり方があると、あるところから聞いた」そうです。


増築についての説明、耐震性についての説明

狭あい道路の説明(なぜセットバックが必要か)etcなど

説明させて頂いたが納得されていない。


そのうち、~たら~ればなどの話になり

「みんな大なり小なり違反で作ってるでしょ」と言うようになってきた。


そういうご意見に

出来ないことを「やってやれないことはない」とか

「条件をクリアすれば出来る」など勘違いしやすいことは

間違いのもとであることを説明。


創造性のないことや生産性のない「絵に描いた餅のはなし」をしても

互いの貴重な時間が無駄であることを説明して、失礼のないように

御暇しました。


次回のオープンハウスは22日です。




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


「自分らしい家」カタログ

作品集でもなく事務所案内でもなく、家を建てようと思っている方が

手軽に見ることのできるカタログをつくりました。


book1.jpg


book3.jpg


book2.jpg

「理想の家 勉強会」「オープンオフィス」「見学会」などに参加された方に

無料配布する予定です。

まもなく、試作品が手元に届きます。



プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。