バリアフリーは誰のために

バリアフリー住宅は、段差のないあるいは障壁のない住宅と意味に使われます。

一般の方にユニバーサルデザインというよりもバリアフリーと言うほうが、理解して頂けるようです。



このバリアフリー、国交省の基準では

「段差のない床、浴室等の手すり、介助用の車椅子で移動できる幅の廊下その他の加齢に

伴って生ずる高齢者の身体の機能の低下を補い高齢者が日常生活を支障なく営むために

必要な構造及び設備の基準.」と書かれています。



現実は、高齢者が車イスをつかう生活になった場合、

自力での移動はまず不可能です。

車イスを使うのは、加齢による脚力の低下によることなどが原因で

同時に腕力も低下し、自力で車イスで移動は困難です。

車イスを使った移動は介助者のご家族がいて、初めて可能になります。



バリアフリー住宅は、高齢者だけではなく、介助されるご家族のための住宅でないと

快適なバリアフリー住宅にはなりません。

so_plana_edited-1a.jpg


とくに利用の多い水回りは

・移動がスムーズにできるための引き戸

・寝室からトイレまで直線で行ける動線

・寝室と水回りとリビングなどがまわれるシンプルな動線



バリアフリー住宅のプラン打ち合わせでは、介護の仕方なども聞きながら

高齢者のご家族が自立した暮らしができる提案をします。



2世帯住宅・省エネ住宅・バリアフリー住宅・3階建て住宅をつくるならプラネット環境計画へ
毎日、家づくり無料相談を開催しています。
プラネット環境計画
東京に注文住宅をつくるならプラネット環境計画へ
TEL 03-3363-5591



↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村






スポンサーサイト

超寿命化住宅の動線

わかく健康な時に建てた家が、加齢とともに使いにくい・・・

という話をよく耳にします。

とくに多いのが段差の多い住まいで暮らしている方。

寝室から水回りまでの動線が長い住まいで暮らしている方。

so_plan.jpg

加齢になるとトイレにたつ階数も多くなり、さらにトイレまでの移動時間も長くなります。

バリアフリーで暮らす水回りのポイントは

・水回りのワンルーム化

・寝室のとなりがトイレ

水回りの使い良さは、超寿命化住宅のポイントです。


2世帯住宅・省エネ住宅・狭小住宅・3階建て住宅をつくるならプラネット環境計画へ
毎日、家づくり無料相談を開催しています。
プラネット環境計画
東京に注文住宅をつくるならプラネット環境計画へ
TEL 03-3363-5591



↓賢い家づくりの方法をもっと見ることができます!

にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。