国境を越えてみた

タイからメコン川を渡ってラオスに行くには、インターナショナルバスに乗って国境を越えるのが一般的。

バックパッカーの多くはこの方法。

理由は安い。乗換えがない。

どのくらい安いかというと、25キロの距離のエアコンバスで約140円(55バーツ)

2012_08_12_10_23_48s.jpg
バスターミナルまで行ってみると、ノンカイからビエンチャン行きが一日6便。


2012_08_13_08_57_45s.jpg
バスはつまらないので、トゥクトゥクでタイ国境まで行ってみた。


2012_08_13_09_09_04s.jpg
タイ国境のイミグレに着くと出国手続きに長蛇の列。タイ人、ラオス人、外国人観光客。
出国手続きまで約30分。


2012_08_14_10_43_00s.jpg
出国スタンプを押してもらい、国境バスに乗って昨日、下から見た友好橋を越えた。
ラオス川のイミグレでは外国人が入国ビザの申告書を書いていたので、係員にビザ用紙をもらおうとしたら
「日本人の場合、15日以内の滞在ならノービザ」と言われ、ひとりだけさっさと入国してしまった。


2012_08_13_10_30_48s.jpg
入国スタンプを押してもらうと、タクシーやトゥクトゥクの呼び込みが沢山。
ボルボのタクシーに惹かれ乗ったが、年式不明。なんちゃってボルボ。


2012_08_13_12_45_44s.jpg
ラオスの首都ビエンチャンのホテルに荷物を置いて、とりあえず飯。
近くの食堂へ。高校生らしき学生が食事をしながら、レポートをまとめていた。
ラオスで最初の食事は、ビアラオとオムレツご飯。


2012_08_13_17_55_23s.jpg
ビエンチャンの主要道路はほとんど一方通行。
勝手がわからないので、レンタル自転車で町中を疾走。
自転車のフレームに警視庁と書いた黄色い防犯シールが貼ってあった。
この自転車の名称「鼻炎ちゃん」号。




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

タイ国境に沈む夕日

タイとラオスをはさむメコン川。

国境を越えるにはこの「友好橋」を渡ります。

IMGP1949s.jpg
途中まで徒歩で行くことができます。国境を越えるには車両のみ。

IMGP2043s.jpg
どの国でも夕日にたそがれる姿はおなじ。


IMGP2056s.jpg


IMGP2072s.jpg


IMGP2090s.jpg
週末のメコン川沿いは、ビアガーデンの場所。準備が始まります。




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


メコンのほとりで

メコン川のほとりの東屋には、涼みに来ている人がたくさんいます。

市場に行ってみるとタイの歌謡曲ルクトゥンが流れ、昨日のイベントで警備をしていた警官が

「歌って踊れるお巡りさん」に変身。

地元の人も写真を撮っていたので、めずらしい光景なのだと思います。

IMGP1989s.jpg


IMGP1999s.jpg


IMGP2032s.jpg


IMGP2036s.jpg


IMGP2039s.jpg


IMGP2066s.jpg




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


ノンカイで飯を食う

ノンカイの夜は早い。夜9時になれば屋台などは店じまい。
メコン川沿いには観光客向けのレストランなどあるが、値段も高く店員も欧米人慣れしてるので
旅先ではほとんど屋台や地元の食堂へ。
IMGP1939s.jpg

IMGP1937s.jpg
夜ご飯は屋台で「クイティアオ・ナーム・ムー」豚肉入り米麺の汁そば

IMGP1942s.jpg

IMGP1938s.jpg

IMGP1944s.jpg

夜の散歩をした帰り道、ビールのつまみに屋台でサテを数本仕入れてからホテルへ。



プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


国境の町ノンカイへ

2012年8月10日から16日までタイ・ノンカイ~ラオス・ビエンチャンまでの旅。

タイとラオスの国境はメコン川で区切られています。

日本のように海に囲まれていると国境を越えるイメージが湧きませんが

荒川を渡るというイメージに似ています。

ただし、そこには国境警備があり入国管理を通過する必要があります。

今回は、その国境を陸路で越える旅です。

10日は成田からバンコクまでタイ航空を使い、バンコクに滞在。

IMGP1846s.jpg
11日はドンムアン空港からタイLCCのNOKAIRでウドンタニへ

IMGP1861s.jpg
機上から見るタイ北部の風景。
ウドンタニ空港から国境の町ノンカイへ。距離約50キロ
空港からの足はリムジン(ワンボックスカー)運よく5人乗車 ひとり200バーツ
8月のレートは1バーツ2.6円 約50キロを520円

IMGP1881s.jpg
ホテルに到着し、街に出てみました。市場があります。

IMGP1885s.jpg
日用品などが売っているアーケードもあります。ノンカイのアメ横といった感じです。

IMGP1900s.jpg
メコン川沿いまで出てみると週末のイベントをやっていました。
ずっと向こうに見える緑の風景は、ラオスです。

IMGP1906s.jpg
国境の町ノンカイ。警官が警備にあたっています。この警官は翌日も会うことになります。




プラネット環境計画

↓をポチッと押していただけるとうれしいです!




にほんブログ村 住まいブログ 住宅設計・住宅建築家へ
にほんブログ村


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。